ドックスベストセメント

歯の神経を取らなければ歯の寿命が長持ちする
ということをご存知ですか?

ドックスベストセメント(Doc’s Best Cement)とは、今までの虫歯を削って取り除く治療法とは全く違う「虫歯菌を削らずミネラルで殺菌する」といった治療法です。
従来であれば、神経を取る症例でも神経を残すことが期待できる治療法になります。

歯の神経を取らない治療

歯の神経を取らない治療虫歯で痛みが出た時は、むし歯の部分をすべて取るため大きく歯を削り、歯髄に達しているので歯髄を取るという治療がほとんどです。
ドックスベストセメントを使用することで、虫歯菌の部分をほとんど削り取る必要性はないので、大事な歯を、極力削らないですませることができます。
虫歯の部分は無毒な歯質に変化し、ドックスベストセメントで無菌化され石灰化し治癒します。
また、神経の上の自分の歯をほとんど削らないので、歯がしみにくいというメリットがあります。

ドックスベストセメントと通常の虫歯治療に違い

通常の虫歯治療

通常の虫歯治療で、虫歯が進行している場合神経を取り除くことが多々あるため、かなりの治療回数となってしまいます。

通常の虫歯治療の長所
  • 保険が適応
通常の虫歯治療の短所
  • 神経を抜くと歯が脆くなります。
  • 歯の根の部分が割れると歯を抜くことになります。
  • 神経を取ると歯を大きく削ることになるため、被せものをすることが一般的です。

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントは虫歯の大きいところや深いところはあえて取らずに残し、ドックスベストセメントを塗布することで無菌化し治していきます。

ドックスベストセメントのメリット

神経を取らなくてはならない大きな虫歯の神経を取らずに済ませることが出来る

神経を取ると歯の中に血流がなくなるので、残念ながら歯髄を取った歯は、長生きできません。
根に病巣をつくることがあり、なにより折れやすくなります。
歯の神経は、取らないほうが良いのです。
神経はかなり複雑な形をしており、どんなにしっかりと神経をとってもまた痛みや歯ぐきの腫れが生じやすいと言われています。

虫歯菌を削り取らないので、大切な歯を削る量が少なくて済む

金属の詰め物をした場合、治療した詰め物の下から虫歯になっていることがあります。
虫歯の部分をすべて削り取っても虫歯菌が残っていることがあります。
通常、どこまで虫歯を削るかを色と硬さで判断します。
しかし、顕微鏡レベルでは組織の中に虫歯菌が入り込んでいて残っていることがあります。
そのため、治療した歯なのに内部から虫歯になったり、治療後に痛みが出て神経を取るような事があるのです。
ドックスベストセメントは、虫歯を削り取るのではなく虫歯菌を殺菌して、虫歯を自然治癒させる治療です。

治療期間と治療費を軽減することが出来る

保険の治療で神経を取り、その後の処置も含めると3割負担で5000円以上要し、更にかぶせ物はほとんどが銀歯になります。
また治療期間は、1~2カ月来院で回数もかなりかかります。
ドックスベストセメントは歯髄を残し、治療期間と治療費を総合的に軽減することができます。

歯の寿命が延びる

神経を取らないので歯の寿命が延びます。
ドックスベストセメントの効果は半永続的と言われています。

薬ではないので、アレルギーの心配がない

強い抗菌剤を使う治療ではなく、銅イオンによる弱い殺菌力が永続的に的に続く治療なのでアレルギーの心配がありません。(主成分は人間の血液中にも含まれてるミネラルで銅、鉄分、マグネシウムなどです。)

ご自身の歯を大切にされたい方へ

ご自身の歯を大切にされたい方へ今までの治療は虫歯になったら虫歯部分を削り、詰め物をする。
また詰め物部分が虫歯になったら、神経を取り除き、全体を削って被せものをする。
被せた歯が割れたり、欠けたりしたら抜歯をする。
抜歯したら入れ歯かインプラントという選択をする。
といった治療の流れが一般的で、負の連鎖を止めなければ歯を失ってしまうのです。
歯を失った場合、入れ歯やインプラントという選択がありますがご自身の歯に勝るものはありません。
歯の神経を出来る限り残すことがご自身の歯を残すことに繋がります。

一番上に戻る
TEL:0120-167-311 24時間受付中ネット予約はこちら 11:00-14:00/15:00-19:00 月・木・第一火曜・祝 休診
当院のインスタグラムはこちら当院のインスタグラムはこちら
  • マウスピース型の矯正治療
  • ゆうなデンタルクリニックブログ
  • ネット予約はこちら
  • ホワイトエッセンス加盟院です